町政情報役場組織・行政資料等

町長より

 朝は美しい海に眩いばかりの光を映えらせて昇るご来光を拝し、夕べには暮れなずむ山々に沈む夕日に一日の感謝を捧げながら、昔からニシンで栄え、先人達のたゆまぬ努力と英知によって発展を遂げ、自然豊かな「青い海と緑の山」に囲まれた古平町。
 いま、社会情勢は大きく様変わりし、経済のグローバル化による様々な課題、或いは原子力を含めたエネルギーや環境問題など、加えて超高齢化や人口減少社会に突入し、様々な観点から安心・安全意識の高まりや価値観の多様化など、その求め方は多岐にわたっております。
 古平町は地域主権の進展と更なる町民協働を進めるため、総合計画での町の将来像を「協働で創る住みよいやすらぎの郷、ふるびら」と謳い、行政と住民が良きパートナーとなってまちづくりを進め、誰もが安らげる住みよいふるさとの建設を目指して参ります。

 朝は美しい海に眩いばかりの光を映えらせて昇るご来光を拝し、夕べには暮れなずむ山々に沈む夕日に一日の感謝を捧げながら、昔からニシンで栄え、先人達のたゆまぬ努力と英知によって発展を遂げ、自然豊かな「青い海と緑の山」に囲まれた古平町。  いま、社会情勢は大きく様変わりし、経済のグローバル化による様々な課題、或いは原子力を含めたエネルギーや環境問題など、加えて超高齢化や人口減少社会に突入し、様々な観点から安心・安全意識の高まりや価値観の多様化など、その求め方は多岐にわたっております。  古平町は地域主権の進展と更なる町民協働を進めるため、総合計画での町の将来像を「協働で創る住みよいやすらぎの郷、ふるびら」と謳い、行政と住民が良きパートナーとなってまちづくりを進め、誰もが安らげる住みよいふるさとの建設を目指して参ります。

このページの先頭へ